アナログ簡易業務用無線局のデジタル化について

アナログ簡易業務用無線局のデジタル化について

2022年11月30日までから、
2024年11月30日までに延長されました



デジタル化の背景と「延長の理由」について

アナログ簡易無線局については速やかにデジタル方式の簡易無線局等への移行を完了し、電波の有効利用を図る目的で、使用期限は2022年11月30日までとされてました。
しかし、新型コロナウイルス感染症による社会経済への影響等により、デジタル方式の簡易無線局等への移行に遅れが生じることが想定され、激変緩和措置としてアナログ簡易無線局の周波数の使用期限を2年に限り延長されることになりました。
(2021年9月1日制度改正)

免許期限「2022年11月30日」のアナログ無線機ユーザー

再免許申請の手続を行うことで、2024年11月30日までご利用可能となります。ただし、本来5年間の有効期限が与えられる費用と同額の手続費や印紙代(2,400円/台※申請方法や機種によって料金が異なります)費用が発生してしまいます。また、再免許申請後にデジタル無線機へ機種変更した場合でも、有効期限は据え置きとなってしまいますのでご注意ください。

デュアル機 免許状の附款(備考)に アナログ使用期限が「2022年11月30日までに限る」と記載されているユーザー

手続不要で「2024年11月30日」期限までご利用可能となります。(ただし免許状の期限が2024年前までなら、その期限までとなります)例えば免許状に記載されている期限が「2025年1月22日」である場合は、今回延長された2024年11月30日までとなります。免許状に記載されている期限が「2023年8月20日」である場合は、その期限まで有効となります。2024年を超えた期限の免許状を持っていてもデュアル機は必ず、「2024年11月30日」までに無線機のアナログ停波措置、アナログ停波申請を行う必要がございます。

アナログ機、またはデュアル機をこれから導入するユーザー

2021年9月1日以降のアナログ機の免許は、原則として再免許に限り認められます。
デュアル機についても同様です。アナログ機、デュアル機の増設、新設は原則として免許申請できません。故障などによる機種変更申請においても原則として免許申請できないため注意が必要です。

早めの計画的なデジタル化をおすすめ

業務用無線機はおよそ70万台運用されており、無線機メーカーの年間出荷台数はおよそ84,000台でした(2018年12月現在)
国内市場に残っているアナログ機・デュアル機を2024年11月30日までに移行させなければならないため、今後のデジタル化は申請手続の遅延や、デジタル無線機の供給不足が予想されます。早めにデジタル化を完了させておかないと、間に合わない可能性がございますので、私たちジャパンエニックスがサポートいたします。お気軽にお問い合わせください。

ジャパンエニックスではデジタル最新機種や様々なデジタル化プランをご用意

■人気のデジタル機種
Bluetooth®搭載!抗菌抗ウイルス加工のKENWOODの最新無線機「TCP-D261BT」
■デジタル化のご提案例
①「サブスク」でデジタル化
初期費用ゼロの月額での導入が可能です。
②面倒な免許申請が不要の無線機へデジタル化
IPトランシーバーであれば免許不要、さらに長距離の通信も可能です。
詳細は下記にてご説明いたします。

KENWOODの最新デジタル無線機「TCP-D261BT」

無線機業界 ”初” 抗菌・抗ウイルス加工に加え、Bluetooth®ヘッドセットで快適なワイヤレス運用も可能です。デジタル化で一番気になるポイントである音声遅延についても進化しており、従来機に比べて約30%の短縮。これによりスムーズなコミュニケーションが可能となります。アメリカ国防総省軍用規格MIL-STDの11項目に適合しており、業務運用に安心の堅牢、防塵・防水仕様で、最新のおすすめデジタル業務用無線機です。

①「サブスク」でデジタル化

最新デジタル無線機や、IPトランシーバーを定額制・イニシャルコストゼロで導入いただける「EZ PLAN(イージープラン)」をご用意しております。
免許申請サポート費用や設定費用、開局事務手数料も込み、
契約期間は3年や5年などフレキシブルに対応可能です。
「保守メンテナンスフリー(オプション)」があり、業務連絡の目的のため通常の用法に従い使用して発生した不具合について、無償で修理、または交換ができるプランもあります。定額料金で、年間のコストが固まるので会社のコスト管理も容易になり、いま人気のプラン(EZ PLAN)です。

②面倒な免許申請が不要の無線機へデジタル化

IPトランシーバー、特に「Withcall Biz」は簡易業務用無線機と違い、免許申請が不要です。さらにauのLTE回線を使用しているので、日本全国が通話圏内なのが魅力のひとつです。IPトランシーバー最大の特徴である、全国一斉通信が魅力でもあるなか、保有にあたりネックであった月額通信費用が発生しないプランでご提供いたします。従来の簡易業務用無線機のように、通話距離の制約や不感地帯となりやすかった地下、超高層ビル、遠方地でも通話することが可能となり、ご利用の幅が広がります。免許申請や管理が面倒な方、現在の無線機の通信距離に不満がある方におすすめです。製品詳細についてはページ下部の「製品スペック」をご覧ください。

ぜひ一度お問い合わせください。無料デモテスト実施中!!

ジャパンエニックスでは豊富なデモ機をご用意しております。導入前に無料テストをしてからご検討いただくことが可能です。導入後のメンテナンスやアフターケア、大型施設の安全な通信システムの構築等も、専属の営業スタッフと社員の半数以上を占める技術部員がサポートをお約束し、トータルソリューションをご提供しております。即応性と同報性、更に緻密な連絡が要求されるあらゆる分野で、お客様のビジネスに最も効果的なソリューションを図るために、社員一人ひとりが「無線機」のエキスパートとして、ジャパンエニックスはこれからも快適なコミュニケーション環境の実現に努めます。ぜひ右上「オレンジ色アイコン」、または下部「無料デモテスト」からお気軽にお問い合わせください。

製品スペック

カテゴリ LTE無線機(IP無線機)
メーカー アイコム
機種名 Withcall Biz®(IP300H)
送信出力 -
周波数帯 au 4G LTE
チャンネル数 -
運用時間 17.5時間
※受信5:送信5:待受90
電源の種類 リチウムイオンバッテリー
スピーカー出力 1.3W
本体重量 154g
本体寸法 W57.0×H96.9×D25.1mm(突起物の除く)
通信方式 交互通信(単信方式)
防水性能 IPX7/X4
防塵性能 IP6X/5X

「セルフィール®」による抗菌・抗ウイルス加工
粉塵が舞う環境や水回りでも安心して使用できるIP67/54を確保
中継器「IC-RP4130GW」を経由し、特定小電力無線機「IC-4400」との通信可能
auのLTE回線を経由し、日本全国一斉通話が可能
アンテナ内蔵により軽くてコンパクトで機動力抜群
LTE回線使用なので第三者に会話を聞き取られることがありません
USB Type-C端子へのACアダプターからの充電
充電クレードル(別売)での充電
WithcallBiz(ウィズコール ビズ)IP300H IP300
IP500H」シリーズとの通信互換性なし
個別呼出、同時通話機能は非搭載
特定小電力無線機 「IC-4110」に比べ、およそ半分の高さ、ほぼ同様の厚み・重量を実現
多種多様な業種に、低コスト・高品質の情報共有手段
Withcall Biz™間、中継装置との通信は、セキュアな閉域網で完結する高い秘話性を実現
通話番号を合わせて呼び分けが可能
LTE接続の中継装置1台を含め6台までLANで連結
イヤホンマイクは特定小電力無線機「IC-4400」と共通
使用温度範囲:-10 ℃ ~ +60 ℃
電源:3.75V(内蔵リチウムイオン電池)
USB Type-C 端子へのACアダプターからの充電 /充電クレードル(別売)での充電
録音機能
VOX機能
自動音量機能
ノイズキャンセラー
ワンタッチPTT
バックライト
時計表示(24時間/12時間表示)
ケア充電
インフォメーションにてバッテリー残量、バッテリー状態などを確認

無料デモ機でお試し

ご要望の機種名
※無線機種別によってテストできない機種もございます。その場合は同等品でのテスト機をご提案いたします。
台数
※原則1社4台までとなります。5台以上は下記ご要望欄にご記入ください。
ご利用期間 ~
※原則1週間内となります。1週間以上は下記ご要望欄にご記入ください。ご依頼後、発送まで中2日営業日いただきます。
貴社名必須
※個人へのお貸出はしておりません。
部署名
ご氏名必須
都道府県必須
電話番号
※電話番号かメールアドレスのどちらかが必須
メールアドレス(必須)
※電話番号かメールアドレスのどちらかが必須
ご要望欄
申込後、内容の確認と相手先確認のため、弊社より連絡させていただきます。

当サイトは、お客様の個人情報について、お客様の承諾が無い限り第三者に開示、提供を一切行いません。ご提供頂いた個人情報を取り扱うにあたり 管理責任者を置いて適切な管理を行っております。

個人情報の取扱いについて、同意の上送信します。(確認画面は表示されません)

ダウンロード