機種により、JIS保護等級2、防滴Ⅱ型相当などのものがあります。 
ただ、いずれも精密機器につき、防水・防滴といっても基本的に水に弱いものです。
現在のものは、本体の機密性が高まり、すぐに故障ということは少なくなっています。
しかし、水辺での使用は確実に寿命を縮めてしまいます。そういった場合は、ビニールなどの防水ケースの御使用をオススメします。
また、業務用無線機にはJIS保護等級5といったものもあり、防水性は格段にアップします。