簡易業務用無線機の免許手続き
簡易手続き
* 免許は会社 法人に対して交付します。(個人資格は必要ありません)
免許の有効期間は5年間です。
その後も継続して無線機を使用する場合は、免許期限の6ヶ月前~3ヶ月前までの間に再免許(更新)が必要です。
電波利用料の納付が必要です。
電波利用料は無線局の免許等の行政事務の迅速化と電波監視体制の充実にあてられるものです。 無線局の免許の日、その翌年以降は、その免許の日に応当する日から始まる各1年分を納付することになります。
免許有効期間
電波利用料 (H26.10.1 改定分) (1局あたり)
主な無線局 年間利用料
簡易無線機 免許局、個別登録局 600円
包括登録局 540円
基地局 携帯基地局 3000MHz以下で、0.01W以下のもの 8,700円
3000MHz以下で、0.01Wを超えるもの 10,600円
固定局 3000MHz以下で、使用する周波数の幅が6MHz以下 38,100円
陸上移動局 (ML)、携帯局 (MP) 600円
包括免許局 (MCA無線局) 200円
実験試験局 (EX)、アマチュア局 (AT) 300円
個別免許:1局毎の免許 包括免許:陸上移動局の中継局を使用するタイプの無線局で、最大運用局数の指定範囲内で使用する免許
電波利用料納付の案内
免許日より1ヶ月以内に免許人住所に無線局をご使用される地域の総合通信局より届きます。 免許人住所以外を希望される場合は、予め【納付先告知書】提出が必要です。申請時に申し出ください。 また、無線局の免許の有効期間内の任意の年数分を一括して前納して頂くことができます。【前納申出書】 (包括免許を除く。) その他、口座振替により納付頂くこともできます。
「電波利用料 納付の案内」見本
「電波利用料 納付の案内」見本の
免許データの管理について
お客様の免許データは専門チームが大切に管理しています。
免許の更新時期になりましたら、事前に「更新のご案内」をいたします。 お客様のご要望に合わせて、ご使用の無線機の情報をリスト化いたします。 他者でご購入の無線機も、免許データの管理を承っております。
専門チーム
免許の有効期限について
免許は5年間有効で、その後は更新手続きが必要となります。 5年目以降継続して無線機をご使用になる場合は、有効期限の6ヶ月前から3ヶ月前までに再免許の申請手続きが必要です。 免許データは弊社にてすべて管理し、更新時期が近づいてきたタイミングでご案内の書類をお送りいたします。

免許更新のご案内

免許データ一覧表・個別データ

無線局免許更新のお知らせ
免許申請に必要な書類
お客様には捺印された委任状のみご用意をお願いしています。

委任状は下記よりダウンロード可能です
総合通信局名 委任状 管轄区域
北海道総合通信局 pdf-small 北海道
東北総合通信局 pdf-small 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
関東総合通信局 pdf-small 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県
信越総合通信局 pdf-small 新潟県 長野県
北陸総合通信局 pdf-small 富山県 石川県 福井県
東海総合通信局 pdf-small 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県
近畿総合通信局 pdf-small 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国総合通信局 pdf-small 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国総合通信局 pdf-small 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州総合通信局 pdf-small 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮城県 鹿児島県
沖縄総合通信事務所 pdf-small 沖縄県
* 申請先により委任状の宛先が異なります
免許申請に係る費用 (印紙代)
免許の申請書類には印紙の貼付が必要です。
無線局の種別 申請内容 出力 電子申請 紙申請
簡易無線局のうち個別免許【免許局】 新設 1W以下 2,550円 3,550円
1W超5W以下 3,050円 4,250円
再免許 1W以下 1,500円 1,950円
1W超5W以下 2,400円 3,350円
簡易無線局のうち包括免許【登録局】 新規登録 ―――― 2,150円 2,900円
再登録 ―――― 1,400円 1,850円
MCA等の包括免許 新設 ―――― 7,300円 10,200円
再免許 ―――― 3,350円 4,800円
* 紙申請と電子申請では金額が異なります。